■プロフィール

あてるい♪

Author:あてるい♪
ボレ鯖を所狭しと駆け回る、クォワディス商会はアテルイです♪
(絵はリリべるさんより頂き物♪)

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■FC2カウンター

■お約束

(C)2005-2009 KOEI Co., Ltd. All rights reserved. このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
白兵あげの王道?
「12時方向に船影を確認!」

見張台から響き渡る声。
船員達の顔に 今までのどんな戦闘にも無かった、脅えの色が表れるのを、アテルイは素早く見て取った。
いや、船員だけではない。アテルイ自身も、体の底から震えが湧き上がるような感覚を覚える。

「船長、いよいよですぜ。 覚悟はいいですか?」

ジョルジェの声も、いつもより少し上擦っている。
もし前方を進む4隻の僚艦がいなかったら、あるいはここで反転の命令を出したかもしれない。
だがアテルイは、ジョルジェに向かって軽く頷き、直進の意思を示した。

近づくほどに顕になるはずの船影は、まるでそこだけが靄でもかかったかのようで、
その黒いシルエットだけが次第に大きさを増す。

先頭を突き進む僚艦からは戦闘準備の合図である空砲が打ち鳴らされる。
敵艦隊もこちらに舳先を向け、ゆっくりと、だが確実にこちらに迫ってくる。


風は向かい風、本来であれば舵をやや切って、側砲を敵艦に向けるるように進路をとるところであるが、
事前に指示をだしたとおり、船は手近な1隻を目掛けて一直線に突き進む。

今やはっきりとその姿を眼前に曝け出した船。
大きく破れた帆、破損したままの装甲、取り散らかされた甲板、
そして何より、饐えたような、この悪臭。
そう、航海者として知らぬものの無い、 幽霊船 であった。

20120811_1.jpg


さすがに海の男達は覚悟を決めたのであろう、手に武器を取り接舷のタイミングを図る。
アテルイは、胸にその手をかざし、服の内に隠れたロザリオを確かめ、
祈りの言葉を小さく口ずさんだ。

「おばけなんてなーいさっ おばけなんてうっそさ♪」





皆様こんばんは、アテルイです^^

ちょっとムリを言って、アゾスクに混ぜて頂きました izaさんゴメンなさい

20120811_2.jpg
(神農の薬草で回復したとこ)

初めて参加してみました これは辛い・・・ いやホントに

効率は確かに素晴らしく良い様に感じましたが、まさにハイリスク・ハイリターン

何が辛いかって、とにかく眠い眠いねむ・・・zzz

でもおかげさまでかなり稼げたかな? ありがとうございました^^




23時30分くらいでしょうか、もうムリ、と思って離脱を決意、
自分のお相手の幽霊船を沈めようとしたところ、不幸な事故が発生しました

よりによってラピッドファイアを装備していたアテは、沈めるのに時間がかかり、
見るに見かねた僚艦の方が、助けようと自分の白兵から離脱、
離脱された直後くらいに、アテはクリを入れることができて敵船は沈めることはできたですが、
離脱した僚艦の幽霊船から、アテにクリが入って・・・ orz

20120811_3.jpg

ただ、本当の原因は、F8を「突撃」にしていた事を忘れ、
「修理」のつもりで連打していた事かもしれません・・・
いくら耐久が底でも、クリ1撃ではそうそう沈まないはずですもんね^^;
スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

商会イベント | 23:22:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。